タイのファッション事情を知りたい

タイのファッション事情を知りたい

バンコクのファッション

バンコクに住んでいる人々のファッションは、変化します。
服装とスーツ(ハイソである中年タイ語がタイシルク好みスニーカーとスマートな革の靴で準備したハイソ)である青春期。
一般的なタイ人に関しては、ジーンズglub-glubでタイの男子学生のユニフォームがひざより少しで「ショーツである」ので、ショーツ=子供と呼ばれているイメージがあります。
そして、大人はショーツをはきません。
Tシャツは多くのサンダルを持っています。
インディアンに関しては、ショーツまたは麻パン(アフリカの人)に関してのサリー(西国人)に関しては、素晴らしい民衆時代、マレー半島のエーゲ海起源の人は、麻シャツとそでででなく頭にベールのようであることをつけます。

しかし、浴衣を着て歩いている日本では、それを見ません…。
日本人はみんなおしゃれに見えます。
異なる局面から自分だけにやって来た外国人は、国に戻ると思います。
それはうそです。
しかし、生活環境はあなたにそうそれをさせるかもしれません。
導入したシーローを通常踏む、前に、道もガタガタであるので、めったにスカートをはかないで、ハイヒールの靴をはきません。
たとえその日光が強くて、帽子をかぶると言われるとしても、白い服を洗濯し続けるとき黄色のようになって、汗のためにむっとします。
そして、それは帽子をとるならば、ペッタンコであるヘアスタイルです。
合わせる服は、汗着色について心配します…。
いろいろな悪い状況をすっきりさせることができることは、サンダルと服へのタイの仕様と麻と麻のような綿のジーンズのパラソルです。

タイで流行ってるものを知りたい

当サイト更新情報

copyright(C)タイのファッション事情を知りたい