タイのファッション事情を知りたい

タイのファッション事情を知りたい

北タイの昔のファッション

ファッションを語るうえで忘れてはいけないものがあります。
それはその土地に伝わる伝統的な衣装についてです。
北タイの人々に関しては、上体はしばしば通常男性と女性を19世紀の中ごろの時間まで一緒に「裸である」と言うようでした。
出かけたとき、女性は長いそでのブラウスを着ました。
しかし、胸が現れて、胸を「サバイ」と呼ばれている「ショール」でおおうようにもので「フレスコ画」のように消えることは通常自然なようでした。
本体の下部は「シン」または「パー・ヌン」と呼ばれている「巻きスカート」を着ました。
そして、一般的であるために、下着が到着することができないようでした。
「シン」はその時使用されました。
しかし、綿または麻によって作られました。
そして、絹の「シン」をとったものに関しては、それは珍しかったです。
この頃とても利用できるために、絹によって作られる高価な「むこうずね」が「派手な着物」として着られるようになったようです。
基本的には上半身裸だという事です。
さすがに待っていられているように、人前で「素肌」を示すことがためらいがちに言われたときしばしば隠れるようで、訪問客のような人物がものをかぐことができるとわかりました。
そこで、偶然まれにであはあるが(現在老婦人のそのような像)に会うことが起こるために、あります。

タイで流行ってるものを知りたい

当サイト更新情報

copyright(C)タイのファッション事情を知りたい